Home > 転職の際の電話や面接のマナー

転職の際の電話や面接のマナー

転職の際には面接を始めとして相手会社の人事担当の人などと何度か連絡を取り合う必要が生じますが、内定が決まる前のこうしたやり取りはたとえそれが電話による会話であっても細心の注意を払うことが必要です。

まず目当ての会社に最初に電話してアポイントなどを取る場合には、電話をかける時間帯に注意しましょう。どの会社でもそうですが始業直後や終業時間帯には業務が集中して慌ただしくなります。相手が採用担当の人であってもこれは同様ですのでこうした時間帯は避けるようにしましょう。

また電話での会話は必ず最初に「今お時間よろしいでしょうか」などと先方の都合を確認するのが基本的なマナーです。また電波の状態が良くない場所や移動中などに携帯電話を用いて連絡することは、相手に電話の内容が伝わりにくくなると同時にこちらも落ち着いて話すことができなくなります。必ず静かで落ち着いた場所を選んで電話をかけるようにしましょう。また先方が電話に出たらまずは自分から名前を名乗るということも大切です。

面接の場合も一方的に自分の希望をまくしたてたり、逆に聞かれたことに対して曖昧な返事しか返せないというのはひじょうに印象を悪くすることがあります。特に販売に携わる業務や営業職などを希望する場合は、面接の時の第一印象が大きく採用の可否に影響しますから注意しましょう。

また会社に関して不明な点があるような場合は必ず面接の場で聞いて確認しておくようにしましょう。適度な質問をすることは仕事に対する意気込みを感じさせる上で効果があります。

ページトップへ
Copyright (C) 北海道札幌市の看護師の求人TIMES All Rights Reserved.