Home > 病院患者図書館がほとんどない

病院患者図書館がほとんどない

わが国の病院は日本全国どこもそうなのだが、病院患者図書館がほとんどないのである。このため長期入院ともなると暇で暇でしょうがないことになる。基本新聞、雑誌は自費である。漫画もしかり。当然本もしかりである。一番問題なのは学齢期のお子さんの入院である。そう、宿題等が一切出来ないのである。病院関連には、特に大病院に関しては病院患者図書館を義務設置にするべきである。患者というのは最悪死の恐怖と戦っているのである。図書は心の医薬である。また病院患者図書館が仮にあったとしても1,000冊から2,000冊程度しかない。古い本も多く、つまらないものも多い。どんなに最低でも1万冊、普通は2万冊はないといけない。当然管理する司書も常駐せねばならない。貸出もすべきである。返却された本はアルコール消毒や紫外線消毒をすればいい(図書館の本には通常ラミネートフィルムがコーティングされております)のである。ぜひ、患者の方からも「病院患者図書館が欲しい」と声を上げるべきではないだろうか。

ページトップへ
Copyright (C) 北海道札幌市の看護師の求人TIMES All Rights Reserved.