Home > 転職で断然有利な「MBA」とは

転職で断然有利な「MBA」とは

有利に転職活動を行う切り札として、資格や免許を取得するという方法があります。しかし一口に資格と言ってもさまざまな業界で数えきれないほどの資格が存在する中、具体的にいったいどのような資格を持っていると転職で役に立つのでしょうか。

ここ10数年ほど前から注目を集めている資格で、なおかつ肩書きに終わらない実践力や実力の証明として良く引き合いに出されるのがMBAの資格です。MBAは「Master of Business Administration」の略で、経済学を修めた人に与えられる最も代表的な資格です。これは元々アメリカで実務経験のある人を対象として行われるビジネススクールによって与えられる称号でしたが、最近では日本の大学院や専門職学位課程でも提供する場合があり、一般的には後者を日本版MBAと呼んで欧米で取得したMBAとは区別しています。

MBAは企業経営や経済に関する高い知識や実践力を持っていることの証明となるため、金融業化などをはじめとしたさまざまな業界で重要視されている資格です。MBAは欧米ではエリートを指す意味でも使われることがあり、転職などの際には最も強力な切り札としての効力があります。MBAを取得するにあたってはビジネススクールなどに通う時点で早くも将来役に立つ貴重な人脈を得る人も多く、こうしたことは転職してからもさまざまな場面で効果を発揮します。

MBAは日本においても転職を有利にしてくれる最大の資格の1つだと言えます。特に外資系の企業への転職を考えている場合にはその強みを遺憾なく発揮してくれることでしょう。

ページトップへ
Copyright (C) 北海道札幌市の看護師の求人TIMES All Rights Reserved.