Home > 外資系企業へ転職する場合

外資系企業へ転職する場合

外資系企業への転職を考えている場合には、日本の企業に転職する際とは少々状況が変わりますから注意が必要です。外資系企業の特徴としては「実力主義」、「能力重視」というのが良く言われますが、これは面接の場でも同様です。日本の企業で面接を受ける場合であれば実力はもちろんですが、それ以上に人柄や協調性などが重視されることが多くあります。しかし外資系の企業であれば極力自分の力量や実績、やる気などをどんどんアピールする方がポイントは上がります。欧米社会でのビジネスのやり方は技術や実力を武器に積極的にシェアを奪い取るというのが基本です。

また外資系企業に就職する際には高度の英語力が無ければ入社するのは無理だと考えている人が多いようですが、若い人材に限って言えばそんなことはほとんどありません。英会話などは仕事をこなして行けば自然と上達するようになるものです。もちろん最初から語学が堪能な人の方が有利ではありますが、企業が望む技術や向上心を持っている人であれば面接の時点ですぐにそれと分ります。

外資系企業はいずれもドライな社風です。ネチネチとした人間関係や公私混同などはありませんからこうしたことが原因で転職を考えている人には最適の選択肢となる可能性があります。また外資系企業に関して良く質問されることで「実績が出なければすぐに首を切られる」というものがありますが、これもあくまでも日本と比較した時にそうした傾向が強いという程度で、外資系企業と言えどもせっかく獲得した人材を簡単に手放したりすることはありません。

ページトップへ
Copyright (C) 北海道札幌市の看護師の求人TIMES All Rights Reserved.